心が素直になれる本

a0235209_1743921.jpga0235209_1743948.jpg
















いま、これら2冊の本を手元に置き、
折に触れ、時間を見つけて読んでいます。
ともに、オペラ『おしち』の作詞をなさった、
八坂裕子さんの著書です。
人は娯楽の為や、知識を広げる為等など・・・
様々な理由で本を手にし、本を読みます。
知らない世界を垣間見る楽しみや、
興味ある世界をより掘り下げる楽しみなど、
読書には心を満たし豊かにする魅力がいっぱ〜い。
13年通った田町の職場の徒歩3分の所に、
都立三田図書館があり、目一杯活用させて頂いてました(笑)
二週間の期限で、本なら5冊まで、CDは3枚まで・・・
新刊でもリクエストして置けば順番に連絡が入ります。
東京では、手軽に利用出来る公共施設が手近にあり、
本当に便利でした〜!
峠には・・・図書館もない(笑)
余談はさておき、人生には出逢うべき人がいるように、
出合うべき本もあるのです。
何気なく手にしたその一冊が、
その後の人生を大きく変えるきっかけとなる場合もある。
潜在的に心が欲していた言葉に出合った時、
まさに、目からウロコが落ちる瞬間があるのです。
古代日本では,ことばに宿ると信じられていた神秘的な霊力を、
『言霊(ことだま)』と呼んでいました。
活字にも言霊はあるのです。
この2冊の本は、縁あって私の手元に届けられました☆
きっと、壁にぶつかりそうになった時
立ち止まりそうになった時、
心がざわついて落ち着かない時、
そんなささくれ立った心を持て余した時には、
きっと踏み出すきっかけを与えてくれる事でしょう☆
星に願いを・・・
そして、星に祈りを・・・
いつでも、私の「スター☆」が見ていてくれる〜o(^-^)o.:*゜
[PR]
by sachiko_river | 2012-06-11 17:04 | 日々の出来事

結婚32年目に東京から讃岐にお引っ越し …峠の里に、空の夢


by sachiko_river